シマウマ

  ブログをはじめてしまった。ツイッターで事足りる人生であるにも関わらず。人生の無意味さを素直に受け入れるのは、案外難しいのかもしれない。

  ボクには、これからの日々を少しでも意味のあるものだと信じて、何らかの価値のあるものだと騙していく作業が待っている。憂鬱かもしれない。

  人間はたまに、わざわざ憂鬱なことをしてしまう。犬は多分しない。猫は絶対にしない。シマウマなんかは、稀にしそうである。こういうしょーもないジョークも書いていかなければならない。別にそんなことをする必要はないのだけれど、ボクにもサービス精神があるので。

  記憶は歪な結晶になる。ここがその証左だ。