ツジツマ

  言い訳ばかり考えている。物事の辻褄を合わせて、肌触りのいい過去にしようとしている。そういう過程を経て、どうしてもうまくはまらないピースが出てこない限り、ボクは反省しなくなってしまった。

  幸か不幸か、ボクの手元には都合のいい失敗ばかりが揃っている。ボクは難なく辻褄を合わせる。誰が見ても納得のいく過去を作り上げる。そうすることで忘れられる。綺麗であればあるほど、安心して、忘れることができる。

  反省するよりも忘れる方が楽だ。もう何年もこんな風にして生きている。